ピンクチラシからデリヘルを利用しない

ピンクチラシからデリヘルを利用しない



ピンクチラシからデリヘルを利用しないブログ:2016年06月25日


子どもの頃には
よく「将来何になりたい?」と聞かれますよね。

でも、ボクはその時何と答えていたか
全然覚えていません。

それだけじゃなく、
子どもの頃、自分が何を望んでいたかという
はっきりした記憶がほとんどなく…

ただよく泣く子どもで、恥ずかしがりやの子どもで、
でも、お父さんやお母さんにはいつも反抗していたなぁ~
という記憶だけがあります。

ボクには「…になりたい!」というのはなくても、
「…は嫌だ!」というのは沢山あったんですよね。
一番よく覚えているのが
「学校の先生だけにはなりたくない!」でした。

振り返ってみれば…
ボクが節目節目で何かを決める時は、
いつも「…は嫌だから…しよう」が
動機づけだったような気がします。

学校の進路を決める時も、
社会人になってから何かを決断する時も…

だから、ボクは
頑張ってやっても思うような結果にならなかったり、
スムーズに事が運ぶことがなかったんだろうと思います。

例えば、
何故か人が苦手なのに、
人と関わる仕事ばかりすることになったり…

当時のボクは、
「どうして望むものは手に入らないんだろう?」と思っていたけれど、
根っこがそういう部分からきているので、
本当に自分が望むもの、自分が好きなものを、
ボクはよくわかっていなかっただけなんだなぁ…と今は思います。

本当に自分が好きで心から楽しめることなら、
上手く流れていくんですよね。

でも、つっぱったり何かに抵抗しながら頑張っていると、
流れが滞ってしまう…

まるで神様が自分を見失っているボクに、
「それは違うよー」
と一生懸命訴えかけてくれるかのように…

そういうからくりがわかってきただけでも、
ボクは少し大人になったかな?と思いたいところです。

今日は、ここまで。
ピンクチラシからデリヘルを利用しない

ピンクチラシからデリヘルを利用しない

★メニュー

恋人気分で女の子と接しよう
悪質なデリヘルに騙されないように
チェンジをする時には女の子に気を使って
貴方のタイプをしっかりとお店に伝える
プレイ前のお風呂を楽しむ
本番行為をしてしまった時の制裁
全てはキスから始まる
ピンクチラシからデリヘルを利用しない
優良店は性病検査を実施
不潔な男は女の子に嫌われる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)貴方の欲求はデリヘルで解決